昭和の名車・和製ハーレー・陸王の歴史

“陸王とは日本で製造されていたオートバイのブランドで、正式にハーレーダビットソンからライセンスを得て製造された和製ハーレーなのです。
1933年に製薬会社である三共(現第一三共)の傘下企業の日本ハーレーダビットソンモーターサイクルがハーレーダビットソンの日本での現地生産をアメリカ本社に申し入れ、日本国外に持ち出さないことを条件に1934年モデルVLと1935年モデルRのサイドバルブエンジンに関わるライセンスと生産設備を取得し、1935年に社名を三共内燃機に変更し、公募により製品名を陸王と決定し、1936年に社名を陸王内燃機に変更されました。その後倒産したので、昭和飛行機の資本傘下で陸王モーターサイクルが事業を継承し年間数千台のペースで販売されていたのですが、終戦後の混乱期には大型バイクの販売は難しく、その後350ccや250ccモデルを販売するも残念ながら1954年を最後に和製ハーレーは生産を終了し、1960年に倒産したのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です