ハーレーダビッドソンの歴史について

ハーレーダビッドソンの歴史が始まったのは、今から100年以上前の1903年の事です。登場したのは、アメリカ中西部にあるウィスコンシン州の都市、ミルウォーキーでの事です。この小さな町に住んでいた4人の若者によって、歴史の幕は開きました。第一号は、単気筒エンジンで排気量は409cc、3馬力の物でした。キャブレターにはトマトの空き缶を利用した、なんとも手作り感あふれる1台でした。この第一号はミュージアムに展示されています。その後、1907年には、株式会社ハーレーダビッドソンが設立されました。ここからモーターサイクルカンパニーとして大きく飛躍していく事となります。前年には年間生産台数が50台だったにも関わらず、この年には170台まで増加しました。そして、1909年には、代名詞とも言うべきVツインエンジンが5Dと名付けられ完成しました。Vツインエンジン自体は、1907年に開発されていましたが、改良を重ね遂に完成し、量産販売がスタートしました。新たなスタイルを模索し続け、1916年にカンザス州ダッジシティで行われた300マイルレースで優勝を筆頭に、7位まで6台が入賞し、ハーレーダビッドソンの名は全米に広がりました。創設から105年が経過した2008年には、多種多様なファクトリーカスタムモデルが並び、その中には、105周年を記念したデザインモデルも加わりました。全世界にファンを持つハーレーダビッドソンは、今後もファンを楽しませてくれる事でしょう。